エンコーダを知る
TOP > MTLのモノづくり > エンコーダを知る

ロータリーエンコーダとは

ロータリーエンコーダとは、回転・水平移動する機器やシステムで、その移動方向や移動量、角度を検出するための電子部品です。 ロータリーエンコーダは、モーターと組み合わせて使うほか多様なアプリケーションとしても活用されており、MTLのロータリーエンコーダもあらゆる機器やシステムで使われています。   ロータリーエンコーダとは

こんなところで使われています

エレベータのモーター制御装置
エレベータの移動速度、停止位置制御
インクジェットプリンタの印刷制御
産業用プリンタのローラー部回転制御
産業用超小型アクチュエータへの搭載
産業用超小型アクチュエータへの搭載
放送用カメラ機器
放送用カメラ機器

エンコーダの種類

ロータリエンコーダは、計測方法の違いから大きく次の2種に分類できます。

インクリメンタル方式

インクリメンタル方式とは一様なスリットが入った格子円盤を用いたもので2組の光電素子で検出された信号(A相、B相)が出力される仕様が採用されているエンコーダの事です。カウンターなどに接続して波形の高低の数を回転方向に応じて加減算することで回転の角度を測りますので途中に誤動作があれば、誤差はそのまま残る点が特徴です。
構造
 
出力波形
構造   出力波形

アブソリュート方式

アブソリュート方式とは、格子円盤のスリットに各位置ごとで異なる符号を割り当てたもので絶対的な角度位置を出力することができるエンコーダです。その時点時点で角度は経過に関係なく出力されるのでノイズに強いですが、分解能を高めるためには桁数(信号線本数)を増やさなければなりません。 各位置に与える符号のコード方式はBCDコードとグレイコードがあり、ある1桁を読み間違えた場合、BCDコードが大きく離れた位置の符号になってしまうのに対し、グレイコードではせいぜい隣の符号になるだけです。したがって、通常アブソリュート形ロータリエンコーダにはグレイコードが用いられております。
構造
 
出力波形
構造   出力波形

エンコーダの取付方法

エンコーダの取り付け方は、形式によって異なります。それぞれの取り付け方と注意点をまとめました。

MLTのこだわり~最小への挑戦

常に品質の高いものづくりを意識してきた結果、分解能を下げることなく世界最小クラスのエンコーダの製造・販売が可能になりました。

> 最小への挑戦